.
     

創業以来『美味しい天ぷらづくりに拘る』小島屋の天ぷら粉は、
自然の恵み豊かな信州で生まれ育ちました。

小島屋食品の歴史をご紹介します。

小島屋食品の歴史は、昭和27年創業者小島登喜雄が長野県善光寺の参道で参拝者向けにお惣菜をもてなすことから始まりました。全国からの善光寺参拝客を接待・世話をする宿坊をはじめ、蕎麦屋、学校食堂、鮮魚・精肉店への卸など、地元にしっかりと根付いた惣菜店へと発展します。
長野県北地域では、特産のそばと一緒に地元で採れる山菜や新潟から持ち込まれる魚介類を天ぷらにして一緒に食する風習があり、次第に「惣菜の小島屋」から「天ぷらの小島屋」へと変遷します。
創業以来「美味しい天ぷらづくりに拘る」小島屋の天ぷらは、地元スーパー、仕出し店、食堂に益々受け入れられ、天ぷら生産は日増しに増えました。
天ぷら生産が拡大し品質安定と生産効率向上の為、昭和35年自家工場向けに「天ぷら粉」を開発。後に「小島屋の天ぷら粉」として外販を始め、長野・新潟地区、関東、東北へと販路が広がりました。

創業以来の「美味しい天ぷらづくりに拘る」精神は、天ぷら生産から、天ぷら粉企画・開発・生産に受け継がれ、平成12年「天ぷら粉・関連資材専門卸」へと展開します。
平成27年千葉製粉(株)100%子会社として再スタートした「新生小島屋食品」は、創業以来の精神の元、培った業務用天ぷら粉ノウハウの粋を結集して作り出した「天ぷら専科」シリーズを上市いたしました。

製品をご案内

小島屋食品は「素材にこだわり」天ぷら粉の企画・開発・生産をしています。

天ぷら専科シリーズ

小島屋の天ぷら粉シリーズ

から揚げ粉・バッター他

美味しいお惣菜天ぷらづくりのお手伝いをいたします。

当社は業務用天ぷら粉をご提供するほか、
「天ぷらに関する様々な課題を解決する」ことをモットーに営業活動をしております。
①「美味しい天ぷらづくり」のお手伝い
「素材毎・種類毎に最適な天ぷらづくり」をご提案
「視覚的にも美味しい」を演出するご提案
②天ぷら作りに関するお客様の課題を解決するご提案
穴子天が真直ぐ揚がらない、かき揚げが重く揚がってしまう等、種々課題を解決し日常作業のお手伝いをします。
③天ぷら関連資材のご提案
「かき揚げ整形皿」等周辺器具や、フライ油等の周辺資材でのご相談にも対応させていただきます。

お知らせ/新着情報

ホームページを開設いたしました。

スマートフォンでの閲覧にも対応しております。

天ぷら専科 花の粋(はなのすい)300g 7月7日新発売!

綺麗な花咲、サクサクとした、ばらけの良い食感。厳選した国産小麦粉100%使用。
詳細は、製品一覧ページをご確認ください。